inoyutanのブログ

日記と病み記を書くところ。サブタイは記事を書いてた時に聞いていた曲の歌詞。

輝きはもどらない わたしが今死んでも。

本調子が戻らないままSNS活動を復帰してしまったのか、

なんか学業とかSNS活動に力が入りません。

 

その原因は明確に分かってます。

 

気になる人に良い人が見つかりそうだから。

 

これは堪える。

 

もしその人にお相手が見つかれば

俺は完全に蚊帳の外

 

「付き合ってもすぐ別れるかもよ」と言われたけど

好きだった人に早く別れろなんて思いたくありません。

お相手が見つかることは良いことじゃないですか。

じゃあ蚊帳の外の者がすることはひとつ。

応援すること。

 

好きな人がそれで幸せならそれに越したことはないじゃん。

知り合いといってもSNSで知り合った程度。

いつでも関係は切れる。

 

せめてあなたの迷惑にならないように

自分にできることをするだけ。

それが「長く続くように応援する」こと。

 

他人の恋愛に干渉するのは良くないと思うので

 

でも一番の問題は

自分の気持ちを落ち着かせること。

 

SNSやアプリから離れて気持ちの整理をしてたけど

整理することが多すぎて

考えなくていいことまで考えて

学業にまで支障をきたして

 

まだ19歳だったときに生放送で出会った人とは

一方的な感情で振り回してしまった。

気持ちを伝えられなかったことを今も後悔している

人生最大の黒歴史を残してしまった

 

今好きな人とは黒歴史になってほしくない。

結ばれなくても納得のいく結果で追われれば

いいと思う。

 

 むしろ俺は告白童貞なわけで。

やんわり気持ちを伝えて、

自分の胸につっかえてるものを吐き出せさえすれば

気分は変わるんだと思うんです。

 

ゲイアプリで声をかけてくださる方もいなくはないですし、

「タイプです、お会いできませんか?」

「よかったらエッチもする?」

「ウチに泊まりに来る?」と言ってくる人もいます。

俺は全てお断りしています。

 

声かけてきた人がタイプじゃないとか

苦手な人だったわけじゃなくて

 

俺は他の人を視野に入れると気持ちが揺らぐことと、

もしダメだったときにその人を保険(滑り止め)にしたくないってことを

説明して分かってもらえました。

 

ゆえに今はその人しか見えていません、見ていません。